人間がフェロモンを生み出す場所は

フェロチカホークの「ヒトフェロモン」は人間のどこから生み出されるのか?

フェロチカホークには「ヒトフェロモン」が含まれていますが、
今回はこのヒトフェロモンが人間のどこから生成されるのかを解説します。

 

 

フェロモンの材料になっているのは、
体内で作られるステロイドです。

 

そして、そのステロイドが皮膚から滲み出ると、
代謝とともにフェロモンへと変化します。

 

とりわけ多くフェロモンが生成される場所は、
生殖器周辺、脇、それから鼻と唇の間の皮膚です。

 

3つ目の部位でフェロモンが多く生成されるからこそ、
人間にはキスをする習慣があるのかもしれませんね。

 

こういうことから、キスでお互いのフェロモンを嗅ぎ合っていると考えられるわけです。

 

それでフェロモンの感知は鼻の中にあるジョビ器官(鋤鼻器官)で行われます。

 

 

人間の皮膚はフェロモンが体内から出てくる組織でもあります。

 

皮膚の一平方センチメートル表面には、平均して約250の汗線、35の皮脂腺、
25の毛包、8000くらいの感覚細胞、3メートル相当の血管があります。

 

人体で最も大きな器官である皮膚には、
フェロモンを生成しているとされる3つの独立した腺があります。

 

それはアポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺と呼ばれる3つの腺であります。

 


 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官