フェロモン研究

フェロモン研究の未来

フェロモン研究は、多数の驚くべき大切な科学的発見をもたらしました。

 

例えば、ヴォメロフェリンは人の感情に影響するにとどまらず、
視床下部が司る内分泌系にまで変容を引き起こします。

 

フェリン社の科学者は、脳の皮質にアルファ波を高めるヴォメロフェリンをも開発しました。

 

アルファ波は安らいだ感覚に伴う脳波です。

 

対照的な効果を引き起こすもの、ベータ波の発生を促すものもあります。

 

この脳波は脳の覚醒状態を表わします。

 

加えて、呼吸数を低減し、落ち着いた状態に引き込むヴォメロフェリンもあります。

 

筋肉の活動も、ヴォメロフェリンにより変化することが判明しました。

 

筋繊維を緊張に導くものと弛緩に導くものとがあります。

 

 

「薬剤投与法の調整に携わる生化学者として、これは素晴らしいことである」と述べるのは、
生理学者としても知られているセルジオ・ナハト博士です。

 

サンフランシスコに本部を持つバイオテクノロジー企業、
アドヴァンスト・ポリマー・システムズで、
今日新たな薬剤投与法の研究を進行しています。

 

「このテクノロジーの応用例は、数百とは言えなくても数十は考えられる。
人間の活動の様々な面とか、身体の生理活動、それに感情とか振る舞いを制御するのに活用できる。
ことに驚くべきなのは、僅か数個の分子を鼻腔に吹き込むだけで、それら全てを統御するといった考えである。
先端的な発見と思っていいかも知れない」

 

 

フェロモンの技術とか研究の発展に関して尋ねられると、
ルイス・モンティ=ブロックは熱弁を振るいます。

 

彼の意向では、例えばヴォメロフェリンは、
いずれ男性の性犯罪者の施術に使えるかも知れません。

 

この手の犯罪者は、血中のテストステロン濃度が極めて高いとされてきました。

 

テストステロン濃度変動用のヴォメロフェリンは、
視床下部に伝言を届けて生殖腺ホルモンの生成を変動させ、
それが精巣においてのテストステロンの生成を抑えます。

 

これはいずれは効果的な施術として利用されることになるでしょう。

 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官