人間のフェロモンと異性

人間はフェロモンだけで異性を好きになるわけじゃない!

髪の色の好み、汗に引き寄せられること、踊り、オーラルセックス、体臭、
これらに関しては全て、フェロモンがどういうふうに他者との人間関係に影響しうるかの実例です。

 

特定の頭髪の色が好きなのは、賞賛する相手のフェロモンとか体臭に基づくことか?

 

黒系の髪が好みであると言うとき、
その実、自らの鋤鼻器官に心地良いフェロモンを生み出す身体化学作用の所有者を好きであると言っているのではないだろうか?

 

 

毛の束は、フェロモンのメッセージを送る、最も機能的な手法です。

 

フェロモンというのは、見たり触ったりできないですが、毛の束にまとわりついています。

 

ですから、腋の下とか股間には(それから男性の場合、毛だらけな胸には)フェロモンが大量に染み込んでいます。

 

すなわちフェロモンは腋毛とか恥毛周辺に蓄積されているのです。

 

股間とか腋みたいに皮膚が温かく湿っている際、アポクリン腺から出るフェロモンが含まれた汗は揮発性が上昇して、
そのため一層多くのフェロモンが空中に排出がなされて、巡り会う人達の鋤鼻器官に届けられます。

 

髪の毛は衣服の下の毛ほどフェロモン濃度が高くはないですが、
毛が外界に直接的に露出されているために、フェロモンまでもまた外界に晒されています。

 

 

各人各様、生まれ持った身体化学作用と個性的なフェロモン性質を有します。

 

ですが、明るい色の髪と肌をした人間の体臭は、暗い色の髪をした人間の個性的な体臭と区分されるものでしょうか?

 

暗い色の髪の男性は、しばしば明るい色の男性と比べてより濃い目の肌の色をしています。

 

アポクリン腺の総数は、アジア人は白人と比べて少なくて、黒人はどちらよりも多いです。

 

白人は普通なら胸部とか腹部にはこの腺が見られないのですが、黒人はしばしばその部位に多量にあります。

 

暗い色の髪と肌をした人間は、もちろん、体中に存在するアポクリン腺の総数がたくさんあるわけですから、
黒系の髪の魅力はフェロモン生成量の多さに関連していると言えるでしょう。

 

 

私達は、愛情と色欲といった万人共通のゲームにフェロモンが関係しているのをよく分かっています。

 

フェロモンのみが恋するかどうかが原因ではないといったことも分かっています。

 

人は誰かに心惹かれると、いろいろな指標に沿って配偶者の選択を行います。

 

1つは、その人物の肉体的構造または対称性を見ることです。

 

金髪が好きであると言う時、
第六感のフェロモンに作用していることだってあったり、
違う情報源にアクセスしている時もあります。

 

セックス研究所のジョン・マネーはこれをラヴマップと呼びます。

 

ジョンズ・ホプキンズ大学医学部ホルモン心理学研究科長だというマネーのその概念は、
色々な文化圏で行われたか消極的かに関係なく、幼少時の経験であります。

 

子供心に眼鏡をかけた男性が凄い好きであるのなら、こうした嗜好を成人期に、
もっと言うなら配偶者選択の状況にも持ち込むものようです。

 

 

マネーは、ラヴマップは早くより描き出されると考えています。

 

大抵は8歳の誕生日を祝うまでには描き出されるらしいです。

 

家族とか友達、親の知り合い、先生などと接した体験の無意識の顕れです。

 

 

ラヴマップはどの程度あてになるのでしょう?

 

永久の幸せを約束するものでしょうか?

 

人間はフェロモンの化学作用だけで生きる者ではありません。

 

例え垂涎もののフェロモンを放出するセクシー系のアーティストに惚れ込んでも、
彼と結ばれて子を成すわけではありません。

 

とは言えども、ラヴマップは交流関係においての化学作用、従ってフェロモンの大切さを考えていません。

 

ラヴマップに頼り過ぎて、強烈な火花とか情熱に欠けている結びつきを繰り返すはめとなったとするならどうでしょう。

 

私達は化学作用が原因の誘引力を、認めないことは不可能なのです。

 

カメラマンでライターのナン・ゴールディンが「セックス依存のバラッド」という論説でこのように指摘しています。

 

「例え破滅的な関係であったとしても、人間は互いに寄りかかるものです。

 

これは生化学の反応、脳のあの部位、恋とヘロインとチョコレートだけでしか補足できない部位を刺激します。

 

恋愛は中毒になりかねません」完全無欠な伴侶を求める時、
たくさんの原因が絡み合って愛情とロマンスのタペストリーを織りなすことは、見た感じ明白なようです。

 

 

中毒としての愛とでもいうべき定義は、人間によって立つベースを揺るがして、丹念に纏めた基礎に小さい亀裂を走らせます。

 

どうしてかといえば、こうした愛の中毒性というのは、長期的なパートナーシップに必ずしも吉兆とはならないためです。

 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官