フェロモンが人間に与える影響

フェロモンが人間の行動に影響を与えるとされる事例を紹介

世界各国の色々な文化は、
フェロモンが人の活動とか対話に及ぶ効果の多数の実例を列挙します。

 

さらに、踊りみたいな人間に共通した経験も、
フェロモンのコミュニケーションに関して多くを物語ります。

 

面白い研究ができる可能性の高い実例を以下に列挙します。

 

 

・活気が満ち溢れる王室の祝祭とか行事の間、フランス王アンリ三世は、愛人だというアリー・ド・クレーヴの汗のついた衣類で顔を拭いていたとされています。

 

・ニューギニアだと、サヨナラに、相手方の腋の下に手を差し込んで回収した汗を自分自身の身体に塗り込む部族が存在します。

 

・アジア系の人達は、腋の下のアポクリン腺の総数が欧米人と比べてあまり多くありません。それもあって、アジア系の体臭は欧州系のそれよりも弱いです。アジア人には欧米人の体臭は強過ぎ、不快と感じると思われます。

 

・ナイジェリアとか米国のアフリカ系の人達には、不実な夫もしくは恋人に、自らの月経血とか膣液入りの特製スープを飲ませる女性がいます。好きな男性が現実にしろ想像にしても気の迷いが出てきたら、自らの体液を摂食させたりすると、元の鞘に戻れるとするのです。

 

・好きな人の気を引こうと考えるカリブ人は、珍奇な素材を仕込んだハンバーグを相手に食べさせます。その素材というのは、調理人の腋の下の汗です。この食事をした人は、クリエイティブなシェフに惚れ込むと思われています。

 

・遠く離れた島に独り住まう独身男性は、本土を巡って女性と一緒に生活すると、ヒゲの伸びが速い状態に気づきます。

 

・踊りを行うと汗を流し、フェロモンを空中にまくことになります。時折、リズムの速い踊りの後にスローテンポの踊りが続きます。その間に、女性は男性に身を寄せ、顔とか鼻を腋の下に近づけます。

 

・ブロンドとブルネットと赤毛の人達は、明白に体臭が違うとされ、男性は事あるごとに女性の髪の色の好みを言及します。女性もまた男性の見どころに関して個人的な見解を有しています。こういった好みと結びつけ、毛色との遺伝子的な結びつきでフェロモンを区分けできないものでしょうか。

 

・オーラルセックスの効果は、長い間人類学者とか進化論を奉じる研究者の注目を集めてきました。オーラルセックスの生理活動を念入りに調査すれば、配偶者選択に意味のあることであると判明するでしょう。

 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官