フェロモンの可能性

フェロモンの可能性を知ること

籍を入れて10年過ぎた旦那さんが、未だに自身の胸をときめかす。

 

それは旦那さんの男前な顔立ちか、
子供との接し方か、
鋼青色の瞳のせいだろうか。

 

またはフェロモンの賜物でしょうか。

 

 

あなたはある女性と、生まれて初めての強烈な恋に落ちた。

 

それは恋人の笑みか、言葉づかいか、
もしくはファッションの感性がいい感じだったためか?

 

場合によっては、フェロモンに引き寄せられたかも知れません。

 

 

あなたは誕生したばかりの我が子と、すごく波長がマッチして、
何気なく気がつくと1日に幾度となくこの家族の繋がりに思いを馳せている。

 

このような関係性が育まれるのは、子供の誕生に至るまでの行程の親密さゆえか、
あるいは、あなたが主に子供の世話を行うといった経験を基にしているのか?

 

はたまた、その他に類のないフェロモンに影響されるコミュニケーション力を分かち合っているからなのか?

 

 

あなたは正面の家の住民と同じ部屋にいることが我慢できないのです。

 

このような嫌悪を抱くことのもっともな根拠を必死に探るが、
あなたの感情の直覚的なな点は、それは単に相性の悪さが元凶だと伝えています。

 

この人のフェロモンが気に食わないのです。

 

 

どうして私達は特定の人間に惚れ込み、
ある人達と変わらぬ友情を結び、ある人達を忌み嫌うのか?

 

どうして母親は直覚的に自身の赤ちゃんが見極められるのか?

 

これらに関しては易々と答えられる問いではありません。

 

ひいては、フェロモンが元になるコミュニケーションと感覚の世界を深く探るとともに、
新しい疑問が浮かび上がってきます。

 

 

人間が互いに惹かれ合い作用し合うことの不可思議さに、
私達は困惑し続けてています。

 

自分自身の体験を言語とか思いに束ねるというのに骨を折ることもあります。

 

人の活動に関する研究が進んで、チラホラ結論は掲示されてきましたが、
そうした進展にも拘らず、私達は尚も分析を望んでいます。

 

自身に関して、自らがどうしてそういった活動を取るのかに関しての情報を切望しているのです。

 

 

しかしフェロモンというものは、僅かばかり苛立たしいことがあります。

 

それは一部としては、フェロモンに匂いが見られないというのが原因でしょう。

 

嗅覚で自発的に取扱われる匂いと違って、
意識することなく扱われるフェロモンは定義しにくいです。

 

さらに、フェロモンが人間にどういった意図を有するか、
何をすべきかが適切に語ることができないこともあって、
それを区別することも困難です。

 

されど、体験とか状況とか事例を定義するなり分類するみたいな要求から一歩下がってみたら、
この捉え所がない特性がフェロモンの重大性が害されることはないと分かります。

 

例え活動が無駄なく明瞭にできなくなっても、
存在が否定されるものじゃありません。

 

第六感に因る直覚を、故意に放置しようと考える人がいるでしょうか。

 

嗅覚、味覚、触覚、聴覚、視覚以外の感覚系に占有されるみたいな気持ちとか思考の見られる状況に、賛成しない人間は?

 

自分自身の生活には化学的信号ないしはフェロモンなんてない、と反対意見を述べる人間は?

 

相性の良し悪しなんか感じたことがないと言い張る人間は?

 

第六感と称される認識の実態は、
近頃やっと見つけ出されて、認知され始めたところです。

 

けれど、私達は、睡眠をとっている際も目を覚ましている際も第六感と一緒に生活しています。

 

母親に産み落とされる前すらもそうだったのです。

 

 

当然、フェロモンが人間のありとあらゆる相乗作用とか仕組みに先行するといったら、
それは短絡的であって科学的な誤謬です。

 

当サイトの狙いは、可能性にユーザーの心を開かせること、
今の科学が明確に公表できる分野を圧倒的に上回ったレベルで、
フェロモンは人間に影響を与えるというような認識に、心を開かせることです。

 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官