フェロモン実験

フェロチカホークのフェロモンを研究者による実験で検証!

フェロチカホークに含まれている「フェロモン」について専門の研究者が実験した内容を紹介します!

 

 

フェロモンは人間にも効果があるのか、
研究者たちは決まった項目ごとに検証をしました。

 

その検証結果をこの記事で紹介します。

 

まず、約束しないで恋人とのデートが入る数に関しては、
フェロモンの有無に関わらず変化なしでした。

 

それから、異性との交流も全然増えませんが、
それでマスターベーションにふけってしまうということもなかったみたいです。

 

ここで「なんだ、フェロモンなんてやっぱり効果ないのか」
と早合点しないでください。

 

フェロモンについて統計調査を行ったところ、
明らかにフェロモンの影響を受けたと思われる項目がありました。

 

それは、

 

@キス、恋愛感情の高まり
A恋人と一緒に就寝する
Bセックス
C前もって約束を取り付けていたデート

 

これら4項目です。

 

とりわけ、セックスの頻度がフェロモン香水により著しく増えているそうです。

 

 

しかし、フェロモン香水を身にまとっていても、
そこらの見知らぬ異性があなたに寄ってくるなんてことはありません。

 

すなわち、フェロモン香水を使ったとしても、
次々に新たな恋人ができるということにはならないということです。

 

ですが、ずっと前からいる恋人との仲がフェロモン香水によって、
グッと深まるという実験結果が得られています。

 

つまり、フェロモンを使用すれば恋人の浮気を心配する必要がなくなり、
恋人との愛の深まりを実感することができるというわけですね。

 

 

フェロモンにさらされても、人間関係とか性生活、前向き度、
生活の満足度などにはあんまり変わりはありませんでした。

 

けれど、フェロモン作用のおかげで驚くほど良くなる項目がありました。

 

それはネガティブ感情の解消効果です。

 

 

神経質になったり、羞恥心を感じたり、イライラしたり、無気力状態になったり、
このようなネガティブな感情がフェロモンの働きにより取り除かれたということです。

 

 

研究者たちはこういったメンタル面に対するフェロモン作用の研究のみならず、
フェロモンを感知することによって表れる肉体的な変化の研究も当然しています。

 

 

フェロモンを被験者に嗅がせると、呼吸数が減少する。

 

心拍数まで低下する。

 

脳波を測定してみたら、
リラックスした状態のときに出るというアルファ波が発生するようになる。

 

 

以上に挙げた3つのフェロモンの作用は、
交感神経の働きを弱めて、
リラックスした状態を作り出すものであります。

 

このことからメンタルに対する影響の基となる、
フェロモンの肉体に対する作用が実験で確認されたことがわかります。

 

 

そんなフェロモンの効果はフェロモンを嗅いでから約20秒で表れ始めて、
そのフェロモン効果は約75分後に切れて元の状態に戻ります。

 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官