フェロモンが脳に与える影響

フェロチカホークに配合されているフェロモンは脳にどんな影響あるのか?

フェロチカホークに含まれるフェロモンが脳にどのように作用し、
女性を惹きつけるのかを科学的に解説します。

 

フェロモンは、脳の理性的な部分には作用しないで、
最も原始的な脳の中心部である視床下部に作用します。

 

フェロモンは発達している「思考する」脳を避けて、
極めて本質的な性癖とか生理的な活動を司る部分へと結び付きます。

 

 

視床下部は、よく「脳の脳」といわれて注目を集めている部位です。

 

視床下部は恐怖や攻撃性、性衝動などをつかさどっており、
その他には、体内の塩分調節、血圧、糖質と脂質の代謝、
ホルモン機能、食欲、体温などをコントロールしたりもしています。

 

もし視床下部がしっかりと役目を果していなければ、
人間は感情の働きに大きな支障をきたしてしまいます。

 

フェロモン物質をジョビ器官から受容すると、
視床下部はそのフェロモン情報に合った欲求や反応をもたらします。

 

 

フェロモンが視床下部で作用するのならば、
人間はフェロモンの反応によって引き起こされた感情もしくは
行動で生きているとも考えていいのではないでしょうか?

 

確かに大多数の動物はそうでしょうが、
人間に関しては少しばかり違ってきます。

 

人間は実際にフェロモンを受容しても、
理性を捨ててまで、むやみやたらに本能に従ったりはしません。

 

フェロモンを受容してその情報が処理されると、
視床下部が無意識レベルでフェロモン情報を基に行動すべきことを命令します。

 

 

もしかしたら女性は男性のフェロモンに強く惹かれながら、
その容姿や身だしなみにはガッカリするかもしれません。

 

男性もまた女性のフェロモンは気に入ったのに、
彼女の顔やスタイルが気に入らないこともあるでしょう。

 

以上のことからフェロモンは視覚からの情報に反して、
恋愛が必ず成就することを約束してくれるものじゃないことがわかります。

 

結論として、フェロモンが果たしてくれる機能は、
目の前にいる見知らぬ相手に対し、
心を許しても大丈夫と思わせてくれることです。

 

 

人間は機械のように生きているわけではありません。

 

どのような刺激に対しても素直に反応を示すわけじゃありません。

 

動物とか昆虫の大部分がフェロモンに対して本能的に反応するのとは違って、
人間は魅力的なフェロモンを放つ異性に出会ったとしても、
普通は簡単に欲望のおもむくままに行動したりしません。

 

 

しかしながら、近頃では異性へのアピールや恋人選びには、
生理学的にフェロモンとの関係性が認められています。

 

フェロモンは欲望を湧き起こす炎であり、
さらに嫌悪や反発に対する消火器のような働きまでしてくれます。

 

目標の異性とのフェロモンの相性が合い、
相手に対して魅力を感じたと、フェロモンでサインを送り合うと、
そこから深い恋愛関係へと発展する確率が高くなります。


 
HOME フェロチカホークの効果 フェロモンとは ヒトフェロモン ジョビ器官